toggle

中国医学の診察法~四診と弁証論治~

四診とは

四診は治療者が視覚や触覚などの感覚を使って、患者の身体状況の情報を集めるための診察法です。大きく分けて四種類あるので四診といいます。簡単に記しますと次の四種類です。

【望診 】 顏や皮膚・舌の色や艶から診断する方法。

【 聞診 】 話し方や声の高低、体臭などから診断する方法。

【 問診 】 患者に質問をして診断する方法。ただ主訴や病状の経過・既往症などを質問するだけでなく、中国医学的な診断名を導き出すための特殊な質問法。

【 切診 】 触診のこと。脈やお腹・皮膚の状態を診る方法などいろいろあるが、脈診がもっともよく使われる。

四診の目的は、患者さんのもともとの体質、今の症状の原因、経過、先にどうなるかを予測し、弁証(中国医学流の診断)をするための情報を引き出す方法です。

四診とリスク回避

診は、中国医学の診察法としてだけでなく、現在行っている治療が、うまくいっているかどうかをリアルタイムに診る方法でもあります。

治療にあたって、毎回患者さんのからだを四診(診察)し、治療方針を立てます。鍼灸の場合、どの経穴にどのように鍼を打って、四診した部分をどのように変えるかを意識して治療します。治療して予測どおりの反応を示せば、治療が正しいわけですし、予測どおりにいかなければ、治療が間違っているか、ピントがはずれているわけです。鍼灸の場合、1本、1本それを確かめて治療を進めていくことができます。

このように治療を進めるのは治療の失敗を極力防ぐためです。逆にいいますと、四診さえしないで治療するのは、バクチと同じです。

漢方薬や鍼灸は安全で体にいいという考えを、一般の人だけでなく専門家でも持っておられる方がいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。間違った使い方(=誤治)をすれば、身体を悪くします。治療技術が高くなればなるほど、意図的に健康を害する技術も高くなります。治療家の目的は、武術家のように相手を殺すことではありませんが、誤治する可能性はどの治療家にもあります。それをできる限り回避するための方法が四診です。

四診は中国医学の治療家にとって最低限必要な技術です。

弁証論治とは?

弁証とは中国医学流の診断のことです。個々の診断名を弁証名といいます。論治は「治療法を論ずる」ことです。

弁証は診断の目的に応じていくつかのカテゴリーがあります。たとえば、大まかな身体の傾向を表すカテゴリー(八綱弁証)、カゼを中心とする流行性疾患のカテゴリー(六経弁証)、臓腑の状態を表す(臓腑弁証)などがあります。

ある弁証を導き出すにためには、それが属するカテゴリー用の四診を行う必要があります。八綱弁証をするための四診、六経弁証をするための四診、臓腑弁証をするための四診等々です。ですから正しい弁証を行うには、ただしい四診ができることが前提です。四診ができない治療家は、中国医学流の診断ができないことになります。

論治は弁証したことを実際の施術に落とし込むことを論じることです。細部の治療法は施術者の得手不得手・才能などによって無限にあり、同じ流派の人間でも全く違うこともあります。それは施術者の個性でもあります。また患者さんにごとに、あるいは患者さんの体調によって毎回毎回オーダーメイドで最善の治療法を探っていきます。だから基本的に全く同じ治療にはなりません。。