toggle

保険治療について

現在、保険治療に関しては自賠責保険と労災保険しか扱っておりません。

自賠責保険

自動車事故で被害者として怪我(むち打ちなど)をした場合、加害者側の自賠責保険で鍼灸治療を受けることができます。

お取り使い手順

  1. 被害者ご自身で加害者の自賠責保険会社の担当者に連絡を取り、「○○鍼灸治療院で鍼灸治療を受けたい」旨を伝えます。
  2. 保険会社が鍼灸治療院での治療を了承しますと、被害者に指定された治療院に連絡が入ります。保険会社の担当者と治療院側が治療費に関して交渉します。
  3. 上記の交渉が成立してから治療が開始されます。治療終了までの治療費は、定期的に治療院側から保険会社に請求されます。

注意点
※ 治療院に行かれる前に、お近くの病院・診療所の整形外科で検査・診察をお受け下さい。

※ 通院される整形外科は、お仕事やお住まいの場所などを考慮し、利用しやすいところが便利です 。

※事故直後に救急で行かれた病院から、受診しやすい病院への転院は可能です。病院と加害者側の保険会社に連絡して手続きをとっていただくことになります。

※相手方の保険の担当者が、保険金の支払いを安く押さえようとして、「鍼灸で自賠責で治療はできません」「医師の同意が必要です」などとウソを言うこともあるようです。どちらも間違いで、自賠責保険での鍼灸治療ができますし、医師の同意も法的には不要です。ただし保険会社の内規で「医師の同意が必要」とされていてそれを担当者が変えないこともあるようです。どうしてもおっしゃるばあいには保険の担当者や弁護士とよくご相談下さい。

※むちうちの鍼灸治療のページもご参照ください

労災保険

自動車事故で被害者として怪我(むち打ちなど)をした場合、加害者側の自賠責保険で鍼灸治療を受けることができます。

労働者が業務中、もしくは通勤途中で負傷したり、疾病にかかったとき受けられる保険です。都道府県労働基準局長の指定・指名を受けた医療機関で治療が受けられます。

鍼灸治療を受けるには、労災規定の診断書を医師より受け、指定された用紙に勤務先に必要事項を記入していただくことが必要です。

病院・医院での治療と同時に鍼灸治療を受けることが出来ます。

お取り使い手順

  1. ご来院していただくか、もしくはお電話でお問い合わせください。ご説明後、医師の診断書用紙・労災保険の請求書等の必要書類をお渡しします。
  2. 医師の診断をうけていただいて必要書類を書いていただきます。3) 会社および役所で労災の認定手続きをしていただきます。
  3. 2および3で記入していただいた書類を持参していただき、治療を開始いたします。

健康保険(現在取り扱っておりません)

社会保険・組合保険・共済保険等の健康保険です。鍼灸治療院での健康保険取り扱いは、病院・診療所での取り扱いと違い、いくつかの条件があります

取扱い疾患名 鍼灸院で保険取り扱のできる疾患名は次の6種類に限られています。

頚腕症候群
五十肩
腰痛症
リウマチ
神経痛
外傷性頸部捻挫後遺症(むちうちの後遺症)

医療先行といって治療院で治療をうける前に、医療機関で検査・治療が必要です。

鍼灸院でお取り扱いする前に、医師に同意書を書いて頂く必要があります。用紙は当院にあります。

6ヶ月ごとに医師の再同意が必要です。

同意書に記された病名で医療機関の治療を併用することは出来ません(同意書・再同意書作成時の検査は含まれません)。