toggle

当院のこだわり

当院は古代からつづく龍門派という中華伝承医学の古流技術をもとに、現代医学の発想や治療法も積極的に取り入れた統合的な治療法を目指しています.鍼灸だけでなく推拿(中国式整体・マッサージ法)や現代のマニュアルセラピー(カイロプラクティックやオステオパシー、理学療法系の手を使った治療)を行っています。

鍼灸に関しては現代中医学の大きな欠点を修正し、日本鍼灸の繊細な技術をできるだけ取り入れています。

こだわり1:病気を診る前に、こころと身体全体を見る

当院では病気を診る前に、心と身体全体を見るのを治療の基本としています。
治療技術の基本は、病気の前に人間の全体を診ることです。この全体を診る方法が古代中国に確立され伝承されてきましたが、残念なことに現代ではほとんど忘れ去られています。弁証論治をうたっている現代中医学派も、日本の経絡治療派も同じです。

鍼灸治療を受けられた経験のある方、毎回、同じようなツボに施術されて疑問に思ったことはありませんか?

これは、人間の全体を見るところからはじめずに、病気を診るところからはじめているからです。どこか悪いところがあっても、体調は日々変わります。オーダーメードの治療とは、体質ごとにパターン化された同じ治療をするのではなく、日々刻々と変わる、人間全体に応じたのを治療の基本にすることだと中華伝承医学では考えています。

こだわり2:一本一穴へのこだわり

たくさん鍼を刺すのは一本一本をおろそかにする、未熟な治療・・・これが当院の鍼一本に対するこだわりです。

ただ単に症状に応じたツボに刺すだけでは、効果は上がりません。どの深さに、どのように刺せば高い効果がえられるのか?ツボは、左右同じツボであっても、右と左では効果が違います。両方使うにしても、右を先に左を後にするのと、左を先に右を後にするのとでも違います。そのときどきのお体に合ったツボの選択と、ツボへの繊細操作・・・

それは書物を読むだけでは得られない技術です。師匠から一対一で教わらないと、身につかない技術です。

また、一本にこだわりますので、通常の治療なら3~5本くらいしか鍼を刺しません。まれに整形外科的疾患で10本前後使うことがありますが、毎回そんな治療をするわけではありません。

こだわり3: 流儀にとらわれず種々の技術を統合する

当院は中国伝承医学の思想と技術を根幹にすえて治療を行っていますが、 実際の技術では有益と思われるものをできるだけ取り入れるように務めています。

たとえば整形外科的な治療・理学療法・整体・カイロプラクティック・テーピング等々の技術を、中華伝承医学の技術の中に組み込んで治療を行っています。

こだわり4:保険治療より高いコストパフォーマンス を目指します

当院は主として自費治療 で行っています。

自費治療は高い・・・

と思われる方も多いと思います。しかし、急性の痛みで、保険治療で10回かかるところを2~3回の自費治療で治れば、トータルのコストパフォーマンスは、通院時間や通院経費を考えると保険治療よりかなり安いのではないでしょうか?

それを実現させるために胃腸の働きを高め、生命力を強める治療が必要です。
症状をとるだけでの治療では、治療効果を長く持たせることはなかなか難しいです。治療効果をできるだけ長く持たせられるように目指しています。 しかしそれでは現代医学的な発想だけではなかなか難しいのです。その技術があるというのが中華伝承医学の強みです。

とにかく速く症状を改善したい。。。当院はそういう治療院を目指します。