toggle
2008-03-27

子宮筋腫

子宮筋腫は成人女性の1/4が持っているとされている病気です。

西洋医学的には、筋腫もしくは子宮そのものを取り去ってしまう手術を行うか、薬で進行を遅らせたり退縮を目的とする薬物療法があります。

手術に関しては、最近ではレーザーを使った手術法なども開発され、特に妊娠をご希望される方には妊娠への影響の少なくなりつつあります。

子宮筋腫の鍼灸治療

子宮筋腫の鍼灸治療ですが、筋腫へ栄養を行きにくくして小さくすることは可能です。筋腫小さければなくなってしまうこともあります。ただしそれなりの回数は必要で、小さめのもので週一回の治療で3ヶ月は必要です。

西洋医学による治療の補助的治療もできます。たとえば保存療法ですとホルモン薬を服用することになりますが、その副作用で体調をくずす人が多いです。その副作用をできるだけ抑えて、おからだを調えるような治療が中国医学の得意分野です。あとは手術後の体力・体調を回復させる治療でしょうか。

関連記事