toggle
2011-10-10

筋肉を痛めた直後に揉むと悪化します

捻挫やぎっくり腰などで筋肉を痛めると、整形外科や治療院へ行かれると思います。

そのときの注意点は、揉んでもらわないことです。痛いので患部を直接揉んで欲しくなる方がいらっしゃいます。また、施術者がすすんで揉む場合もあります。

捻挫やぎっくり腰などで筋肉を痛めると、整形外科や治療院へ行かれると思います。そのときの注意点は、揉んでもらわないことです。

痛いので患部を直接揉んで欲しくなる方がいらっしゃいます。
また、施術者がすすんで揉む場合もあります。

私が痛みの治療をしていて、よく出会うのが、悪いところを揉んで、さらに悪化する例です。

これが原因で、単純なぎっくり腰や捻挫が筋筋膜性疼痛症候群に移行したりすることもあります。

いづれにせよ、技術力がかなり低い施術者がよくやります

これが結構多い。こういう方が、当院に来院されると、本来の痛めたところを治療する前に、揉んで痛めたところを治療するする必要がありますので、一手間余分にかかります。

初診時は揉んで痛めた部分の治療を行い、本来の部分は後日ということが多いです。

関連記事