toggle
2018-11-25

平成30年伝統鍼灸学会が終わりました。

伝統鍼灸学会が終わりました。気口九道脉診に関するシンポジウムとデモの演者としてお呼びくださり、利川鉄鑑先生座長のもと、大阪の上北昌明先生・足立繁久先生と私の三人で発表させていただきました。

私の気口九道脉診は師匠から習った中国古流の方法の口伝解釈をそのまま発表させていただきました、上北先生足立先生は独自の文献解釈・臨床経験を元にされたもので、気づかされることがたくさんありました。

私が発表した気口九道脉診は口伝だったものを2014年に弟弟子の平口昌幹先生があるていどまとめてくださいました。それが縁で学会からおよびがかかったのですが、本来なら会の代表が行くはずのものを、固く固持されたので私が代打として出席させていただきました。

たくさんの先生に関心いただいたのか、デモの質疑応答とそのあとでも何人かの先生方から質問いただきました。

この本は、いつも学会に来られている亜東書店様にお願いして余分に持ってきていただいたのですが完売で、発送予約いただいた先生方もいらっしゃったようです。購入された諸先生や亜東書店様に感謝いたします。

関連記事