toggle
2019-08-27

中華伝承医学会夏季合宿2019

8月24日と25日は大阪の四條畷にあるアイアイランドで行われた中華伝承医学会の合宿が行われました。

アイアイランドの庭

毎年8月は例会をおやすみして、懇親会や合宿をしています。合宿では普段の例会では講義されない中華伝承医学の口伝の技術や、おたがいの症例を議論し合ったりしています。

今回の口伝の伝承講義として「尺膚診の方法」「腎と命門」、教育講義として産婦人科の専門医により不育症を講義していただきました。口伝の伝承講義はタイトルだけだと他の方々も講義されたり知っておられることのように見えるのですが、中華伝承医学会ですから、ここでしか学べない口伝の内容です。

たとえば尺膚診では触る圧や方法、顔や体・幹下肢とどうリンクさせるか?なんかを講義していただきました。

「腎と命門」は中華伝承医学会を始められた陳景雲老師が22年前に講義していただいたものですが、このときの講義を何年かかっても誰も理解できない難解なものでした。今回それを会の現代表に講義していただきました。私も分からなかった内容なのですが、今回説明してもらってやっと分かりました。。。。ただしこの内容は古い中国医学の根本思想を説明したものなので、講義録にしても古典を読んできただけの人には分からないと思います(汗

アイアイランドの庭

講義の後は「アトピー」「腰痛」「生理不順」についてグループ分けして議論し合い、2日目にそれぞれのグループで発表し合いました。おたがいいろいろつっこみ・つっこまれて自分の不十分な点が意識化され今後の課題となりました。

夜の宴会は値段のわりにけっこう豪華でした。多すぎて食べきれませんでした。

関連記事